合言葉は軽率

何事にも軽率な若手俳優オタです

普通と個性と私

 

 

 

 

2019年明けましておめでとうございます!

大変遅くなりましたが今年もこんなブログですがよろしくお願い致します!

 

2019年はすでに植原さんが絶好調というかぶっ飛ばしてでかい仕事しまくってるので破産が見えました(;_;)

と言いつつ、ブラリス載ったか?ってくらい年明けてから一個も自力で取れてないんだけどやばない?

 

 

 

 

 

 

そんなことで年明けてからゆるゆる現場に行っております

 

一つ目が

妖怪アパートの幽雅な日常@紀伊國屋サザンシアター

 

 

原作を知らなかったので行く前にアニメをある程度見たんですけどね、感想としては佐伯くんいい役もらったな〜でも本当は前山さんと逆の方が似合いそうだな〜って感じです

いざ始まってみてもその感想は変わらなかったけど大人の事情は理解できるので!

 

初日観たとき正直ハズレだなって思いました

とにかくテンポが悪くて…

でも、日に日にまとまりが良くなってアドリブが増えて自然な会話劇になっていって千秋楽では初日のつまらなさが嘘のようでした!

あとね、嫌いじゃないんだけどなんとなく前山さん無理してる感があったりマイクなしだから若手の声が聞き取りにくくてって言うのもあったけど、これも時間が経つにつれて馴染んで気にならなくなりました!(さえきくんはもう少し発声強くなって欲しさある…守沢千秋をやり続けても喉潰さないくらいには喉強いからもったいないから、小さな声でも通る発声を身につけてくれたらもう言うことない…)

 

個人的な後悔は体調崩して初日付近から次の観劇が千秋楽まで飛んでしまったこと…

チケ売る余裕もなくて無駄にしてしまった……

でもね、その頃あんステはインフルで大変なことになってたので行かなくて正解でした

 

 

 

あらすじは割愛します

妖怪やその他もろもろどう表現するのかが見せ場の一つだったと思いますが、劇プレっぽさを感じました

若干のチープさと憎めない感じ?

 

あと事前に聞いてた台詞に痺れるっていうのは見てる最中は正直あまり分からなかったけど時間が経てば経つほど心に残ってるんです

内容自体は、私は両親ともそんなに揉めたこともないし「早く大人にならなくちゃ」って気持ちは全くなくてむしろもっと年相応になりたいと願ってるタイプだから夕士(前山氏)の気持ちってそんなに分からないんですよね〜

 

でも龍さん(佐伯くん)だったりその他の人の台詞はどれも夕士にだけ当てはまるものじゃなくて、夕士とかけ離れてる私にも当てはまるものだったからこんなにも心に残ってるのかなと思います

印象に残ってる好きな言葉として、

 

「悲しみも苦しみも物事の一面にしか過ぎない」

「時とともに変わらないものはない」

「人生は果てしなく広く長い。肩の力を抜いていこう」

 

 

私は根本が死ぬほどネガティブでどこか不真面目になりきれなかったりするから、苦しみも物事の一面にしか過ぎないって考えると少しポジティブになれるんです

まあドン底に病んでる時はこんな風に考えられたら苦労しねぇわ、、とか思うけど割と安定してる時にこれを意識し続けるとどん底の時でも前よりネガティブじゃなくなってきた気がします!

 

時とともに変わらないものはないっていうのはね、私ほんとに友達少なくて数少ない友達のすごい嫌なとことかまで全部我慢してて、仲良くなった当初は気にならなくてもお互い変わるから気が合わなくなることもそりゃあるんだけど、私は基本的にそこを我慢してでも繋ぎ止めたいって思ってるんです。

でも我慢の限界が来たしまった時に、その子を受け入れられなかったりもう一緒にいられないと感じてしまった自分自身が許せなくてずっともやもやしてて、、

最近変わったって言われることとかも多いから私が変わったからその子のこと嫌になったのかなとかも思ったりして。

 

時とともに変わらないものはない

ってセリフを聞いた時に、変わった自分を責めなくてもいいんだと思えました

私自身、自分が変わった自覚はあるしそれは自分にとっていい変化だと思ってたのに周りから見たらそう評価されてなかったりしてて、落ち込んだりしてたから心がすーっと軽くなりました

 

人生は果てしなく広く長い

肩の力を抜いていこう

 

これはね、考え方がドリフェスで私が大好きなSpecial yellと似てるんです!

歌詞にね、「ずっと遠くの宇宙から見ればほんの低い壁だよ  だからちょっと力抜いて深呼吸」ってあるんですよ

あとこのブログのタイトルにある合言葉の元である青学4代目卒業バラード俺たちの合言葉にも、「ここは未来の通過点さ」ってあるんです

ずっと先まで見据えて考えると今この瞬間はちっぽけで、この先どうなって行くかなんて分からないから「今」ももちろん大事だけど力が入り過ぎて周りが見えなくなってしまうのはもったいないし自分の首を絞める行為だなと常々思ってるけど、実際そう考えて行動するのって難しくて気がついたら周りが見えなくなって肩がガチガチになってるから、曲だったり物語でふと思い出させてくれるとしっかり一度立ち止まって深呼吸できますね

 

あと言葉として残っているというより作品全体の印象として、「普通って何だろう?」ってことは感じました

妖怪アパートは私も普通じゃないと思うけど、でも住んでいる人たちからしたら普通なんですよね

夕士は普通にこだわってるけど、その普通の基準は人それぞれ違うし、自分の普通だけで生きてると視野が狭くて損するな、と感じました

そして私の思う普通とは何だろう?と考えてます(まだ答えは出てないですが)

 

妖アパは頑張ることと頑張り過ぎないことのバランスをとってくれる作品でした!

 

 

 

 

2つ目!

キューティ・ブロンド

今年も行ってきましたー!

 

相変わらずハッピーでキラキラで可愛くて女の子が自分らしくいられる世界!!!

 

妖アパと一転して、主人公のエルはみんなの思ういわゆる「普通」とは逸脱してる女の子ですよね

そして人と違うことに対して疑問や違和感はなくむしろそんな自分を愛してる女の子

ブロンドであることで誇りとコンプレックスの間で葛藤する姿はあるけど、1本芯が通っていてこんな風に生きられたら素敵だなと思います

 

あと出てくる女の子たちはみんなエルの味方なんだよね!

ヴィヴィアンも最初はお互い仲良くなれないって思ってるけど教授とのことがあってワーナーに誤解されたあとヴィヴィアンもエルの味方になるんだけど、女の子なら誰だって見た目だけで判断されたり男女間のセクハラパワハラで不快な思いをした経験があるからね

そして自立してる女の子がほんとにたくさん!

女性の自立と恋愛って同居しないように描かれたりしがちだけど、自立した女性だって好きなもの追いかけるし恋愛するもんね

 

最近、男女差別だー!みたいな感じで女の子=ピンクが否定されることがよくあるけど、たしかに女の子は全員ピンクが大好きっていう考え方は間違いだとは思う

でも、ピンクが好きな子は「かわい子ぶってる」とか「男ウケ狙ってる」みたいに言われることも増えてきたと思ってて、それも全く違うんですよね

私はピンク大好きだけど、別にモテようとしてピンク身につけてるわけじゃなくて、ただ自分が好きで身につけてるとテンション上がってポジティブになれるから身につけてるだけ

エルだって全身ピンクだけど、ブロンドで頭がすっからかんで男に依存してるわけじゃなくて、エル自身がそうしたいと思ってるからの行動な訳で。

エル見てると好きなものを好きってアピールしていいんだと心から思えるし、男ども見返すためにもっと頑張ろうと思えます!

キューティブロンドは今の世の中だからこそいろんな人に見てほしいなあ…

差別のこととかいろいろ考えず、それこそ頭空っぽにして観ても楽しめるし!

 

 

たっくんワーナーは相変わらずクソ男だけどどこか憎めなくて、それはたっくんの人柄だろうなあって!エルと付き合ってた頃は生クリームそのまま食べるみたいな甘さのバカップルだったんだね…(遠い目)

あとお歌がすごく上手くなってて感動した…

そりゃエルマー(※エリザベートで演じる役)も決まるわけだわ

発声を一から変えたよね?声帯を無理やりじゃなくて自然に鳴らしてた!

エリザベートTDVもすっごく楽しみだし、小池先生これからも使ってくれる気がしてます!!イケコレこれで定着するといいなあ…

 

あとね、今回はエメットがシュガーさんから元基くんに!

シュガーさんも包容力の塊で素晴らしかったけど、元基くんも素晴らしいよ、、

エメットのよれよれスーツをエルが大変身させた後とかほんとに敏腕弁護士って感じでたぶん客席みんな惚れた()()

巷で今回恋愛要素が増したって言われてるみたいだけど、それはたぶん元基くんがまじでどちゃくそカッコいいからです!

元基くんみると「結婚したい」って思うんだけど例に漏れず今回もしばらく元基くんエメットとどうしたら出会えるか考えてました(ロミジュリみて達成ベンヴォーリオに盛大に心奪われたからエメットどっか行っちゃったごめんなさい)

 

私、エリザベートはフランツ大好き人間なんですけど今回元基くんじゃないですか

最高すぎん?また夏になったら元基くんフランツ大好きって言い始めますね

 

 

 

 

話が脱線したので今回はこの辺で!

とにかく短期間で「普通」とは何かを考えさせられました

 

次の観劇はとみたくんのリスプロのやつと、リアコくんの主演舞台です。2人とも年に舞台やってる期間少ないのにどん被りとか何事って感じだけどまあ、バランスとります。

佐伯くん主演おめでとう!!仕事ないとか言ってごめんなさい!夏はあんステですかね?秋にはS+旗揚げもありますね!すごい忙しいね!ほんと仕事ないなんて言っててごめんね!

 

 

 

 

 

その前にロミジュリ振り返り載せます!今回1回しか行く予定なかったのに達成ベン良すぎて軽率に増やしてしまうほど取り憑かれてるので………

 

 

そして私は個性を殺すんだか出すんだか分からない就活と戦ってきます(シュウカツはリアルな就活とかぶったので行きません)

そしてそして明日から2日連続関内通いがんばります!

 

 

 

 

それでは!3回目の感謝祭楽しむぞー!